代理店契約の内容

販売代理店の仕組み

代理店契約の内容

次は、代理店契約について語ってもいいですか?

いや、語らせてください

いや、語ります。

代理店契約は営業代みたいなもんらしいでっせ。

代理店契約すると、その商品によって違いますが、資本があまり必要にならず、営業展開できるという利点。
デメリットは、在庫を抱えないといけないと、初期投資が必要になるんではないんでしょうか?

結局は、その取決めを行う契約書で違うって前にも説明してますよね。

また、%や固定での獲得報酬をメーカに支払うシステムがあるみたいです。

簡単にいうと、代理店はメーカーの仲介者という事ですね。

代理店契約のデメリットまだありました…

代理店側はメーカー側から、販売価格、販売数、販売地域などの制約を受けることになります。
したがって、契約に十分に注意しないといけないとう事らしいですよ。

代理店契約は継続的取引契約になるんだって。

ここメリットかも。

メーカーの都合で商品を廃棄、又、称号を取り消した場合、代理店は損害賠償請求できるみたいですよ。

そんな体験をされた方は、弁護士に相談してみては?

代理店契約と特約店契約って似てますね。

特約店は卸の部分みたいです。

また代理店契約よりは、軽いものだと判断します。

そして、そんな、販売代理店と弁護士の方の紹介をお願いします。

サイト利用について